マインクラフトにはまる娘

マインクラフトにはまる娘

子供にとっては最高のおもちゃですね

子供がマインクラフトにはまりまくっています。

 

最初は私がプレイしているのを少し見ているだけでしたが、今では私よりも大きな町や建物を作るまでになりますた。とはいっても、ゲームモードはサバイバルではなくクリエイトモードなので、敵に襲われる心配なく制作中心で行えるモードなんですけどね。

 

 

それでも、ずっと飽きずに黙々とプレイしています。最近ではかなり長く高低差もあるジェットコースターを作成していました。実際に走らせているとなかなかの出来で、電車好きの下の子も興奮していました。

 

 

 

柵でキレイに分けて動物園や、モンスターの展示場を作ったり、ばかでかいマンションを作ったりと親の想像を超えるようなものを作っています。マインクラフトは海外では授業の教材に使われるというのも納得です。

 

 

 

テーマを決めてそれにあわせて自分で作らせる、創造性を養うのにはもってこいですよね。

 

 

 

このゲームの最大の特徴は見た目を簡単にかえられることです。同じブロックでもそのテーマによって全然見た目が異なり、先月はハロウィンモードでやっていたので、動物やモンスターたちもハロウィン仕様になっていたり、花などもおどろおどろしいものになっていたりしていました。

 

 

 

今はクリスマスモードでやっているようで、なかなか幻想的な景色となっています。時々雪もちらつきますし、みているこっちが楽しくなるような街並みを子供は黙々と作っています。プレイさせているのはPS4なのですが、PC版ではとんでもない超大作を作る人もいますね。

 

 

 

数カ月もかけてとんでもない町を作ったり、となりのトトロの舞台を作り上げてしまうなど、世界中にはとんでもないクリエイターの方々がいるようです。スターウォーズの世界を作り上げた奴なんて、その世界をジェットコースターで移動できるのですが、1週するのに15分以上もかかるなんて、広大な物もありおどろきました。

 

 

 

そういったマインクラフトの動画がネット上にはあふれており、子供はこれらをみて創作意欲が掻きたてられているようです。ヒカキンやカズクラなど有名どころのマインクラフトの動画を見ては、それをまねたり、アレンジしたりして楽しそうに毎晩プレイしています。

 

 

もちろん宿題を終わらせ、かつ宿題以外のドリルなどを終わらせてからという条件付きにしていますがw

ホーム RSS購読 サイトマップ